個性の把握

スポンサードリンク

人間はみな、一人の人間としてだけでなく、沢山の顔を持って生きています。

親から見れば子としての、妻から見れば夫としての、部下から見れば上司としての顔があります。

リーダーは、部下のそうした複数の面を把握した上で、さらに性格までも考慮して育成していく義務があります。

部下はその性格ゆえの行動特性や価値観を持って物事を区別し判断します。

上司としてそれぞれの性格をよく把握して、それぞれに合わせた指示を出す必要があります。

いつももめごとばかり起こす部下には、一歩下がりなさいと教え、控えめな部下には一歩前へと指示を出す。

その柔軟さと適材適所の配置力が人を財産に育て上げる上で必要不可欠となります。

留意すべき点としては、自主性を伸ばしつつ指示を出すということです。

一歩間違えると指示待ち人間やロボット人間で甘んじてしまう者を生み出してしまいます。

自主性や独立心を刺激しながらも的確な指示を出すバランス。

部下の個性をよくよく把握しましょう。


運営者情報

当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイトさま
・著作権侵害の恐れがあるサイトさま
【お問い合わせ】
「 bring_up31@yahoo.co.jp 」


人の上に立つ
働く
己を知る
人財
スポンサードリンク
説得と承諾
説得
対話
知る努力
心を開く
平易な言葉選び
目標を定める
目標設定
数値化
ストーリー
確認
信頼を築く
任せる
成功体験
やる気
当事者として
サポート
視野を広げる
感を磨く
検証
複眼思考
ゼネラリスト
奇をてらう
シンパシー
分かち合う
労をねぎらう
理解度
素直な心
個性を活かす
個性の把握
期待
主役は誰か
部下の対立
解決策
おすすめサイト
商標登録出願は自分で出来る!
部下操縦質問術
最後に
感謝を込めて