主役は誰か

スポンサードリンク

人間はできるだけ自己主張はしない方が生きていく上で上等であると思います。

しかし、自己主張をしなければ生命を維持することはできません。

であれば、上手な自己主張の仕方を学ばなければなりません。

部下にプレゼンの機会があり、あなたがそれに同席することはあるでしょうか。

もしあれば、部下の一挙手一投足をあなたは黙って見ていることができますか?

この場合は、本来の主役は部下です。

あなたが出しゃばって部下に手取り足取りいちいち口を出すより、主役は部下であると理解した上で、部下の活躍の場を作ることだけに専念すべきです。

いうなれば演劇の黒子です。

黒子がいるから演じている役者たちも安心して演技に専念することができるのです。

私たちリーダー、上司が黒子に徹することができて初めて部下たちは自立心や自主性を伸ばすことができるのです。

例え、その中で失敗することがあっても、「あのときはこうすればよかった、次からはこうしよう」と自分の頭で考え始めます。

そうやって初めて上手な自己主張の仕方をおぼえるのです。


運営者情報

当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイトさま
・著作権侵害の恐れがあるサイトさま
【お問い合わせ】
「 bring_up31@yahoo.co.jp 」


人の上に立つ
働く
己を知る
人財
スポンサードリンク
説得と承諾
説得
対話
知る努力
心を開く
平易な言葉選び
目標を定める
目標設定
数値化
ストーリー
確認
信頼を築く
任せる
成功体験
やる気
当事者として
サポート
視野を広げる
感を磨く
検証
複眼思考
ゼネラリスト
奇をてらう
シンパシー
分かち合う
労をねぎらう
理解度
素直な心
個性を活かす
個性の把握
期待
主役は誰か
部下の対立
解決策
おすすめサイト
商標登録出願は自分で出来る!
部下操縦質問術
最後に
感謝を込めて