労をねぎらう

スポンサードリンク

人それぞれ、物事の捉え方は違います。

感じ方も違います。

外交的で、とにかく人と話をするのが大好きだという人もいれば、どちらかと言えば、内向的で会話をするとぐったりするという人もいます。

どうように、同じ仕事を与えても、得手不得手があるのです。

ある人は簡単にこなせる仕事でも、ある人にとっては大変な事件になり得るのです。

部下が少しでも結果を出したら、労をねぎらってあげましょう。

そうすることで、部下は悩みを打ち明けたり、問題点について相談したりしてきます。

飲みに誘って距離を縮める、いわゆるノミニケーションも悪くはありませんが、これはお酒が入ることで論理的ではなくなることや非効率であることなどから、今の時代、どの分野でも先端を行く人はあまりノミニケーションを奨励する人はいないようです。

その点、労をねぎらうという行為は、お金もかからず、公私も交えない非常に健全な解決法であるとお勧めできます。

お疲れさん!よくやったね!」。

この一言が明日を変えるでしょう。


運営者情報

当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイトさま
・著作権侵害の恐れがあるサイトさま
【お問い合わせ】
「 bring_up31@yahoo.co.jp 」


人の上に立つ
働く
己を知る
人財
スポンサードリンク
説得と承諾
説得
対話
知る努力
心を開く
平易な言葉選び
目標を定める
目標設定
数値化
ストーリー
確認
信頼を築く
任せる
成功体験
やる気
当事者として
サポート
視野を広げる
感を磨く
検証
複眼思考
ゼネラリスト
奇をてらう
シンパシー
分かち合う
労をねぎらう
理解度
素直な心
個性を活かす
個性の把握
期待
主役は誰か
部下の対立
解決策
おすすめサイト
相互リンク集
商標登録出願は自分で出来る!
自律訓練法のコツ 〜セルフコントロール入門〜
部下操縦質問術
最後に
感謝を込めて