対話

スポンサードリンク

なぜ、この試練や壁が必要なのか、そしてこの組織体にとって、そのことがどれほどの意味を持ち、自分たちにどういった内容の事象をもたらすのか。

互いに納得するまでの対話がありますか?

人は自分を知るほどに他人を知ることはできません(⇔己を知る)。

また、自分のことでも、把握しようとさえしない人がほとんどです。

であれば、他人のことを理解するのは難しいと言えるでしょう。

ただし、事実を客観的に認識し、分析することは出来ます。

発生した試練に対して、何が、なぜ、どうなったのか、そして、それによってどのようなことが考えられるのかということを互いにチェックしながら、信頼関係を深め、上司は、経験から部下をリードしつつサポートを繰り返すというスタンスが非常に大切になってきます。

部下にいろいろと話しているうちに、自らにたくさんの気づきが起こる可能性も少なくありません。

試練の多くは、見返りとして飛躍的な成長を私たちに与えてくれるものです。

乗り越える努力をしましょう。


運営者情報

当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイトさま
・著作権侵害の恐れがあるサイトさま
【お問い合わせ】
「 bring_up31@yahoo.co.jp 」


人の上に立つ
働く
己を知る
人財
スポンサードリンク
説得と承諾
説得
対話
知る努力
心を開く
平易な言葉選び
目標を定める
目標設定
数値化
ストーリー
確認
信頼を築く
任せる
成功体験
やる気
当事者として
サポート
視野を広げる
感を磨く
検証
複眼思考
ゼネラリスト
奇をてらう
シンパシー
分かち合う
労をねぎらう
理解度
素直な心
個性を活かす
個性の把握
期待
主役は誰か
部下の対立
解決策
おすすめサイト
相互リンク集
商標登録出願は自分で出来る!
自律訓練法のコツ 〜セルフコントロール入門〜
部下操縦質問術
最後に
感謝を込めて