心を開く

スポンサードリンク

人間は人と人の間と書きます。

他人がいるから自分が存在するのです。

優れた画家は、その対象物の周囲にこそ、持てる集中力のすべてを注ぐと言います。

また、他人は自分の鏡であると言います。

部下に対して
「こいつ、なんか自然じゃないなぁ」とか「なんとなく距離をかんじるなぁ」と思うことがもしあるのなら、それはまさにあなた自身の鏡なのです。

これは心理学的にも確立された科学です。

ですから、相手に望むことを自分が発信すればよいのです。

まず、心を開く。

なにか人間関係がぎくしゃくしているときは、自分は心を開いているか自問自答してみましょう。

そして開き直りましょう。
ちなみに、開き直るとは、まがった心を開いて、まっすぐに直すという意味です。

居直るとは、悪い習慣の上に座して動かずという意味です。

自分の中に、相手のマイナスを見つけることがあったら、それが大きくなる前に、居直らず、心を開きましょう。

開き直りましょう。

きっと良くなります。


運営者情報

当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイトさま
・著作権侵害の恐れがあるサイトさま
【お問い合わせ】
「 bring_up31@yahoo.co.jp 」


人の上に立つ
働く
己を知る
人財
スポンサードリンク
説得と承諾
説得
対話
知る努力
心を開く
平易な言葉選び
目標を定める
目標設定
数値化
ストーリー
確認
信頼を築く
任せる
成功体験
やる気
当事者として
サポート
視野を広げる
感を磨く
検証
複眼思考
ゼネラリスト
奇をてらう
シンパシー
分かち合う
労をねぎらう
理解度
素直な心
個性を活かす
個性の把握
期待
主役は誰か
部下の対立
解決策
おすすめサイト
相互リンク集
商標登録出願は自分で出来る!
自律訓練法のコツ 〜セルフコントロール入門〜
部下操縦質問術
最後に
感謝を込めて