サポート

スポンサードリンク

一人の力には限りがあります。

部下を育て、自分の分身を増やしていくことで、人は実力の何倍もの仕事をできるようになります。

部下を育てていく過程で、この分野に関しては合格、あの分野に関してはまだまだであると体系的に点数をつけることがあると思います。

そのような分析的な思考は非常に合理的で優れた思考法として評価されるべきものですが、実は大きな落とし穴があります。

油断してしまうのです。

任せなければ人は育たないと言っておきながら矛盾しているようですが、以下の例えを聞けば納得されるかも知れません。

『正義感が強く心優しいと評判の中学生がいます。

ものごとの判断も大人びていて間違いがなく、皆に将来を期待されていました。

ところがあるとき、その子は傷害によって逮捕されてしまいました。

間違ったことが許せない性格で、つい正義感を振りかざし、殴ってしまった。』

誰に責任があるのでしょう?

もちろん親ですね。

いつの間にか作り上げてしまった人間像に安心しきってしまい、わが子の変化に気付かなかったのです。

人は変わるもの。いつもサポートを忘れずにいたいものです。


運営者情報

当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイトさま
・著作権侵害の恐れがあるサイトさま
【お問い合わせ】
「 bring_up31@yahoo.co.jp 」


人の上に立つ
働く
己を知る
人財
スポンサードリンク
説得と承諾
説得
対話
知る努力
心を開く
平易な言葉選び
目標を定める
目標設定
数値化
ストーリー
確認
信頼を築く
任せる
成功体験
やる気
当事者として
サポート
視野を広げる
感を磨く
検証
複眼思考
ゼネラリスト
奇をてらう
シンパシー
分かち合う
労をねぎらう
理解度
素直な心
個性を活かす
個性の把握
期待
主役は誰か
部下の対立
解決策
おすすめサイト
相互リンク集
商標登録出願は自分で出来る!
自律訓練法のコツ 〜セルフコントロール入門〜
部下操縦質問術
最後に
感謝を込めて