感を磨く

スポンサードリンク

物事を判断するときには、過去のデータほど頼りになるものもありません。

データは統計的に、客観的に私たちを導いてくれます。

可能な限りのデータを収集し、整理し、分析、実行、検証…この繰り返しで、多くの不可能は解消されます。

しかし、どこかで限界が出てきます。

素晴らしい業績を残した経営者たちを見てみても、とても分析的な数字をもとにして計画したとは思えないようなことを成功させた事例は枚挙に暇がありません。

それは分析的な思考ではなく、感やひらめきに基づく発想です。

そのような分析を介さない思考を流動的思考といいます。

流動的思考は、物事の判断を早め、固定観念を洗い流します。
(参考:奇をてらう

この流動的思考によって多くの新しい事業は実行されました。

私たちに偉大な経営者と同程度の資質の有無はあえて問題にしません。

しかし、彼らの発想法を仕事に生かすことは出来ます。

流動的思考によって湧き上がったアイデアを分析的思考によって具体化するのです。

使えるか使えないかは別にして、そのようなプロセスを経て生まれたアイデアを評価できる上司は、必ず一角の人物になれると思います。

バランスや調和を大切にしましょう。


運営者情報

当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイトさま
・著作権侵害の恐れがあるサイトさま
【お問い合わせ】
「 bring_up31@yahoo.co.jp 」


人の上に立つ
働く
己を知る
人財
スポンサードリンク
説得と承諾
説得
対話
知る努力
心を開く
平易な言葉選び
目標を定める
目標設定
数値化
ストーリー
確認
信頼を築く
任せる
成功体験
やる気
当事者として
サポート
視野を広げる
感を磨く
検証
複眼思考
ゼネラリスト
奇をてらう
シンパシー
分かち合う
労をねぎらう
理解度
素直な心
個性を活かす
個性の把握
期待
主役は誰か
部下の対立
解決策
おすすめサイト
相互リンク集
商標登録出願は自分で出来る!
自律訓練法のコツ 〜セルフコントロール入門〜
部下操縦質問術
最後に
感謝を込めて