複眼思考

スポンサードリンク

目的に達する道は一つではない。

この言葉は非常に多くの示唆に富んだ救いのある言葉です。

あの松下幸之助翁は「道は無限にある」とおっしゃいました。

私たちはいつも同じ道を通って学校や仕事場に向かいます。

変化を受け入れるのにはエネルギーがいるし、あまり効率的ではないことが少なくないからです。

場合によっては、沢山の負荷を受けることにもなりかねません。

しかし、時には日常を否定することは必要です。

今までの方法を見直してみるのです。

もっと別なやり方があるはずだと色々な角度から物事を見直す。

これを複眼思考と言います。

秋になると田舎でよく見かけるトンボは、沢山の視野を持って外敵から身を守ります。

このトンボにちなんだ言葉です。

日本には古来より“道”という字のつく自己修練法があります。

その道の世界に、「守破離(しゅはり)」という言葉があります。

この言葉の意味するところは、まず、物事のやり方を覚えなさい。

次に、より効率的なやり方を探しなさい。

最後にそれらを捨てなさい。

“離”については、私は語る資格がありませんので別の機会に譲りますが、“破”とはつまり、複眼思考のことでしょう。


運営者情報

当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイトさま
・著作権侵害の恐れがあるサイトさま
【お問い合わせ】
「 bring_up31@yahoo.co.jp 」


人の上に立つ
働く
己を知る
人財
スポンサードリンク
説得と承諾
説得
対話
知る努力
心を開く
平易な言葉選び
目標を定める
目標設定
数値化
ストーリー
確認
信頼を築く
任せる
成功体験
やる気
当事者として
サポート
視野を広げる
感を磨く
検証
複眼思考
ゼネラリスト
奇をてらう
シンパシー
分かち合う
労をねぎらう
理解度
素直な心
個性を活かす
個性の把握
期待
主役は誰か
部下の対立
解決策
おすすめサイト
相互リンク集
商標登録出願は自分で出来る!
自律訓練法のコツ 〜セルフコントロール入門〜
部下操縦質問術
最後に
感謝を込めて