目標設定

スポンサードリンク

上司の仕事で一番大切なのは、部下に方向を示すことです。

戦時中の日本でも、もっとも重用されたのは、頭脳明晰でよく動く者ではなく、どちらかと言えば、少し横着だが、ものごとの大局を見据え、全体を把握して指示を出せるような人間であったと言います。

あなたが例えば、ある部署の長であれ、ある課の、または係の長であれ、トップたる者どっしりとマクロで物事を判断し、ベクトルを統一しなければなりません。

そのために一番大切なのは、明確な目標設定になります。部下がこれからどのような行動をとればよいか自ら思考し取り組みるように、強固な意志と覚悟で組織としての目標を設定しなければなりません。

自分の立ち位置を見極めた上での最善の目標設定をする秘訣は、目の前の“当たり前”に、常になぜなぜと「なぜを5回繰り返す」ことを習慣にすることです。

それによって、現状がより客観的に浮かび上がり、さらにそれらを踏まえた上での明確な目標も見えてきます。

当たり前に見えることにこそ疑問を持ちましょう。

より精度の高い目標設定ができます。


補足 - 人生全体を俯瞰する

目標を定め、その実現のためにプロジェクトを遂行する過程において、部下の長所を発見し、その成長を促すことはとても重要です。

実践の中でしか培えない多くのことを、部下に学ばせましょう。

実務上のスキル、知識、判断力、決断力、その他、報告・連絡・相談の徹底など、多岐にわたります。

ただ、人は仕事だけで人生を渡っているわけではありません。

あなたが、必ずこの人間をより良い方向に導くのだ!という確固たる信念と、揺るぎない情熱をもって関わっていく覚悟があるのなら、仕事以外の以下の項目においても、部下を注意深く観察しておくことが必要です。

人生において、バランス感覚を養うことは非常に大切です。

仕事に私情を挟むことは、一歩間違えると、チームを運営していく上で、ときに障害として立ちはだかります。

ですが、例えばアメリカはカルフォルニア州にある検索エンジン最大手のグーグルでは、仕事と遊び、趣味と実益、もっと大きく言えば、個と公の垣根がとても低く、社員が個人として有する独自性を色んな意味で融合しているようです。

そのことが結果として、「人類が使う全ての情報を集めて整理する」といった、非常に大きな目標さえも、グーグルをその実現に最も近い企業のひとつにさせているのではないでしょうか。

確かに、日本や欧米、その他の国々の習慣や原理原則、そして哲学などいおいては大きな隔たりがあり、いかに成功事例であろうとも、そのすべてを取り入れることは難しいかも知れません。

ただ、上司の役割が“部下をより良い方向に導く”ことにあるとすれば、部下の“存在”をより広く捉え、バランスのとれたより良い人生への道を示すべきです。

このような“部下の人生全体に責任を持つ”といった人材育成に対する考え方は、様々に融合・融和の進む世界の大きな流れにおいて、必要なファクターになりうるかも知れません。

運営者情報

当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイトさま
・著作権侵害の恐れがあるサイトさま
【お問い合わせ】
「 bring_up31@yahoo.co.jp 」


人の上に立つ
働く
己を知る
人財
スポンサードリンク
説得と承諾
説得
対話
知る努力
心を開く
平易な言葉選び
目標を定める
目標設定
数値化
ストーリー
確認
信頼を築く
任せる
成功体験
やる気
当事者として
サポート
視野を広げる
感を磨く
検証
複眼思考
ゼネラリスト
奇をてらう
シンパシー
分かち合う
労をねぎらう
理解度
素直な心
個性を活かす
個性の把握
期待
主役は誰か
部下の対立
解決策
おすすめサイト
相互リンク集
商標登録出願は自分で出来る!
自律訓練法のコツ 〜セルフコントロール入門〜
部下操縦質問術
最後に
感謝を込めて