自律訓練法とは

スポンサードリンク

自律訓練法とは、自己催眠術の一種で、プラスの催眠中の被験者が覚える、身体的な感覚や、生理的な感覚の共通点に注目し、それらを体系的にまとめた、いわば、自分で自分にかける催眠術です。

自律訓練法をマスターして、自分自身の真の主人になりましょう!

これは、1932年、当時、ベルリン大学の精神医学者であったJ.H.シュルツ博士によって開発されたといわれています。

博士は、多くのデータを目の当たりにする過程で、他者による誘導がなくとも、人は自らの力で催眠状態に入れるのではないか、という仮定を立て、少しずつ、自律訓練法を形にしていきました。

自律訓練法は、現代では、精神を安定させること、リラックスすることなどを目的としたサラリーマンや、フリーランサーなどに広く活用されているようです。

また、自己を制御するための、いわゆるセルフコントロールの訓練の際にも、自己催眠の入門編として、取り組み始める人々も少なくないようです。

自律訓練法を実践することによって得られる心身共に安定した状態で、自らにプラスの暗示を与えることによって、それらの暗示が潜在意識の奥深くまで浸透しやすいと言われています。

自己の制御、つまりセルフコントロールを超えて、健全な意味でのセルフイメージの向上を目指し、公私の充実を図るという成功哲学の理論の一部としても、認知されているようです。

スポンサードリンク

運営者情報

当サイトはリンクフリーです。

相互リンクは、主に当サイトと関連する内容がある
サイト様を募集させていただいております。

以下にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイトさま
・誹謗中傷を主としたサイトさま
・著作権侵害の恐れがあるサイトさま
【お問い合わせ】
「 bring_up31@yahoo.co.jp 」

【免責事項】
最新の情報と、正確な情報を掲載するために最大限の努力をしておりますが、
当サイトの内容に関しての責任は負いかねますので、ご了承ください。


自律訓練法について
自律訓練法とセルフコントロール
自律訓練法の目的
自律訓練法とその効果・効能
自律訓練法のコツ1
自律訓練法のコツ2
自律訓練法のCDやDVD
スポンサードリンク
自律訓練法の実践
自律訓練法の基本姿勢
自律訓練法の基本暗示
自律訓練法の第一暗示
自律訓練法の第二暗示
自律訓練法の第三暗示
自律訓練法の第四暗示
自律訓練法の第五暗示
自律訓練法の第六暗示
独自の暗示文の作り方
自律訓練法の独自の暗示文の作り方
自律訓練法の暗示文の注意点
おすすめサイト
洗脳技術の応用1980円言葉を使わない催眠術
部下育成指導の手引 ‐31の方法‐
リンク集1
リンク集2
RSS1.0 RSS2.0 Atom