即独・開業の初期費用を抑えるサービス集

FAX

電話・FAXは、回線代に加えて機器を購入する必要があるので、初期費用がかかる費目です。
しかし、必ずしもFAXを買う必要はありません。
pdfをEメールに添付すれば代替可能ですし、FAX機器にスペースをふさがれずにすみます。

eFAXが便利です。


eFAXは、メールでFAXを送受信できるサービスです。
専用のFAX番号(03番号など全都道府県を網羅)を取得・利用することができ、外部からは通常のFAXとして認識されます。

スマホアプリもあり、プッシュ通知でFAX受信を教えてくれます。
これを導入してから、FAXを確認するためだけに事務所に寄ることがなくなりました。非常に便利です。

電話

インターネット通話

電話機も置かずに済ませたい場合、インターネット通話サービスを利用することができます。

例えば「ナイセンクラウド」サービス。


03番号など固定電話の番号を取得することができます。
スマートフォンで通話(受信、発信)できます。
電話加入権や回線工事は不要になります。

ただ、現時点では、あくまで独立当初の一時的な利用にとどめることをお勧めします。
今の段階では、通話品質が通常の電話回線に比べて脆弱で、聴き取りにくいことが多々あるためです。
電話は弁護士の業務に欠かせません。最低限の経費として支出するべき費目だと思うのです。
今後の品質向上に期待します。

固定電話

固定電話を導入する場合、電話加入権、回線工事、ビジネスフォン購入の費用がかかります。

そのうち、電話加入権は安くまかなえるサービスがあるようです。


秘書サービス

事務員を雇用するにはまだ早い。そう思っても、不在時の電話応対など、どうしても補助人員がほしくなるものです。
バーチャル秘書サービスが便利です。

なかでも「フジコさん」は安価です。


電話とメールで業務を依頼することができます。
書類作成、会場の予約、経費処理、翻訳など、ニーズに応じて幅広い業務に応じてくれます。
時間数に応じて金額が変わり、毎月の業務量に応じてプランを変更できるのがよいところです。一旦事務員を雇ってしまうとこうはいきません。
無料トライアルがあります。