実務で悩む新人弁護士が読むべき書籍 民事事件編

目次

民事実務一般

若手弁護士のための民事裁判実務の留意点

著書は裁判官経験のある弁護士です。裁判所内部の事務手続を交えて、「実務家の常識」をわかりやすく解説しています。法廷での細かな所作まで触れており、初めての期日の前にこれを読んでおけばイメージをつかむことができます。
<目次>
第1部 第一審の訴訟手続
第1章 訴え提起に至るまで
第2章 訴え提起~第1回口頭弁論期日の前まで
第3章 第1回口頭弁論期日
第4章 続行期日(証拠調べ期日を除く)
第5章 証拠調べ期日
第6章 最終の口頭弁論期日・弁論終結後
第7章 判決言渡し期日・その後

第2部 控訴審の訴訟手続
第1章 控訴の提起~第1回口頭弁論期日の前まで
第2章 第1回口頭弁論期日
第3章 続行期日(和解期日を含む)
第4章 判決言渡し期日・その後

クロスレファレンス民事実務講義

受任から事件終了までの民事弁護実務について詳細に書かれており、実務でわからないことがあればまず本書を探すとよいでしょう。題名通りクロスレファレンスが充実しており、必要な部分のみ参照することができます。著者は民事弁護教官の経験がある方です。
<目次>
第1編 民事弁護を学ぶにあたって
第2編 事案の相談から受任まで
第3編 訴訟前の活動(証拠収集と保全)
第4編 訴訟手続(その1)第一審における代理人の活動
第5編 訴訟手続(その2)第一審後における代理人の活動
第6編 訴訟終了後の代理人の活動
第7編 民事関係のその他の弁護士業務
第8編 弁護士倫理に関する補足説明

実践 訴訟戦術ー弁護士はみんな悩んでいる

新人弁護士・中堅弁護士・ベテラン弁護士の対談形式で進み、考え方の違いがわかります。法廷マナーや依頼人とのつきあい方など他の書籍にあまり記載がない事項にも触れています。
<目次>
第1章勝訴判決を得るには
第2章紛争解決方法の選択
第3章訴状・答弁書
第4章法廷マナー
第5章主張・立証
第6章控訴
第7章依頼者との関係

要件事実等

要件事実マニュアル

実務家必携の著。民法、知財、行政、家事などほぼ全ての法律分野について訴訟物ごとに解説されています。基本的な判例や典型的な攻撃防御方法など押さえておくべき情報がコンパクトにまとまっており、訴状を作成するときは要件事実マニュアルの該当箇所を確認するとよいでしょう。よって書きが記載されているので、二回試験対策にも有益です。

第5版では改正民法も反映されています。

我妻・有泉コンメンタール民法

条文の解釈を調べるときはまずこれを見て、足りなければ注釈民法を参照します。

尋問

民事尋問技術

加藤新太郎元裁判官の本。裁判官の立場から見た証人尋問のポイントを解説しています。
<目次>
第1章 証拠調べとしての証人尋問、当事者尋問
第2章 立証計画
第3章 尋問技術
第4章 主尋問
第5章 反対尋問
第6章 発展問題
第7章 裁判所からみた尋問技術

和解

書記官事務を中心とした和解条項に関する実証的研究

和解条項を作成する際に本書の和解条項記載例を参照するとよいです。必携です。
裁判所等の本屋で購入できるほか、司法協会のウェブサイトで申し込みできます。

調停・和解モデル文例集

文例が多数掲載されています。こちらも備えておくと安心。

契約

契約の法務

契約理論から丁寧に説き起こし、交渉方法、書式までカバーした契約の基本書。特に原文を引用した判例の紹介が豊富です。企業法務をやるなら備えておいて損はないでしょう。
<目次>1章 契約の理論
1はじめに
2契約の意義と法的拘束力
3法的拘束力のない合意
4附合契約(約款)
5契約の種類
6契約の成立
7意思と表示の不一致
8契約自由の原則とその例外
9契約の当事者(代理と代表)
10双務契約に特有な効力
11契約の終了

2章 契約書
1はじめに
2契約書の意義と機能
3書面によらない契約の効力
4完全合意条項
5契約書作成の基本

3章 契約書の文例
1はじめに
2一般条項
3秘密保持契約
4継続的売買契約
5販売店(代理店)契約
6製作物供給契約
7ライセンス契約
8マーチャンダイジング(商品化)契約
9MA契約
10合弁契約

4章 契約をめぐる紛争の解決手段
1はじめに
2紛争の不可避性
3紛争解決手段
4国際取引紛争

5章 契約交渉
1はじめに
2交渉術
3契約締結上の過失
4レター・オブ・インテント

内容証明

応用自在!内容証明作成のテクニック

内容証明を作成する際、参考となる文例が載った書籍をいくつか備えておくと心強いです。本書は文例が多く様々なケースでたたき台として役に立つでしょう。事例に応じて変更する場合の文案も載っています

債権法改正

民法(債権関係)改正法案の概要

法制審民法(債権関係)部会の幹事をつとめた民法学者による改正法の解説書です。
民法部会での議論も紹介されています。